ヤマダS×Lの松田社長、人材育成目指し社員教育徹底 | 住宅産業新聞

ヤマダS×Lの松田社長、人材育成目指し社員教育徹底

ヤマダ・エスバイエルホームの松田佳紀社長は、住宅産業新聞のインタビューに応え、2014年度に最大の課題と位置付ける営業力の再構築に取り組む方針を示した。

消費税率アップに伴う駆け込み受注増に対し、施工スケジュール管理が徹底されず、「期ずれ」(前期中に引き渡せない)を起こしたことが、13年度の業績計画が未達に終わった要因と分析。営業マンを含めた社員の経験不足が露呈したとしている。

今後、「新築住宅の市場は縮小傾向となる見通しであり、棟数ベースで大きく伸ばすことは困難。ZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)など、付加価値のある商品を売り切る人材育成を目指し、社員教育を徹底させる方針」と述べた。

2014年06月19日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)