特集の内容: ユーザー版
消費税8%時代は「贈与」を活用
 消費税8%時代には「贈与」をうまく活用――。  一般社団法人住宅生産団体連合会がまとめた『2013年度戸建注文住宅の顧客実態調査』によると、住宅取得資金における「贈与あり」の割合は20・2%で、前回(17・9%)を2・3ポイント上回った。  特に、20歳代と30歳代...続きを読む
住宅用PVの都道府県ランキング、地域トレンド鮮明に
 最近、住宅の取得を考えたとき、必ず話題にあがるのが「太陽光発電システム(PV)」。古くは1990年代から住宅の屋根に載せられてきた。  2009年11月に開始した余剰電力買取制度と、12年7月からスタートした固定価格買取制度が、PV普及のスピードを加速させた。今では、新築...続きを読む
「太陽光を何に変えよう」、ノーリツが中学校で出張授業
 エコや光熱費の節約、住宅ローンの借りやすさなどで注目される機会が増えた太陽光発電システムは、『太陽の光を電気に変える』最先端の技術を応用したものだ。寒さの厳しい冬場でも日中の太陽の日差しだけで40℃(快晴時、夏場は約70℃)のお湯を作り出す太陽熱温水器(ソーラーシステム)は、『...続きを読む
終了間近の住まいの取得支援制度
 住まいの取得に際して大きな金額の支援策は、住宅取得資金の贈与税非課税措置だろう。  今年12月末で期限を迎えるこの制度は、最高1千万円までの贈与が非課税となる。もっとも期限が近づいている制度であり、政府が期限の延長と非課税金額の拡大を議論しているが、結論は10月1日現在で...続きを読む
今使える!住まいの取得支援制度
 住まいの取得を支援する税制で多くの人が利用すると思われるのは、住宅ローン減税だろう。  住宅ローンを組んで住まいを取得すると、10年間にわたり所得税や住民税から控除が受けられる。また、現金で取得した場合も最大65万円が所得税から減税される「投資型減税」もある。さらに、所得...続きを読む
8割がスマートハウスに「関心」、展示場来場者アンケート
 スマートハウスについて、8割が「関心がある」と回答――。  住宅展示場協議会が住宅展示場来場者に対して行ったアンケート調査の結果で、半数近くが「内容を知っている」と答えるなど、認知度が進んでいることがわかった。  各アイテムについては、太陽光発電(PV)システムは認...続きを読む
今年の夏は「涼活」にチャレンジ、暑い夏を快適に
 「涼活(りょうかつ)」という言葉を聞いたことはありますか?  涼活とは、『暑い夏場を涼しく快適に乗り切るための活動』のこと。気象庁が6月末に発表した今年の夏(7~9月)の予報によると、異常気象の原因となるエルニーニョ現象が発生する可能性が高く、晴れの日が多くなりそうだとい...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

家事参加する男性が急増、LIXILのキッチン仕事に関する意識調査
 共働き世帯の増加に伴い、家事参加する男性が増えている。育児に参加する男性は「イクメン」、掃除や料理を手伝う男性は「カジメン」というような愛称も定着しつつある。男性の家事参加は、妻の負担を減らすだけでなく、「夫婦間のコミュニケーションの増加」にもつながっているというアンケート結果...続きを読む
シニア層ほど夏バテ知らず?、ノーリツの夏バテに関する意識調査
 夏バテは食事で対策。シニア層ほど夏バテ知らず――。  これは、湯まわり設備メーカーのノーリツ(本社=兵庫県神戸市)が実施した食事に関する意識調査結果だ。同調査によると、70代以上は夏バテしたことも夏バテ対策をしたこともないという人が多かった。  また、9割以上の人が...続きを読む
【コラム】住宅取得資金の贈与税非課税措置
 これから住宅を取得する人にとって、省エネ住宅は夏仕様の住まいの候補の一つだろう。国が省エネ住宅の取得を応援する制度にはいくつかあるが、その一つに1千万円まで贈与税が非課税になる制度がある。  これは、住宅取得資金の贈与税非課税制度というもの。簡単にいうと、自分の両親やおじ...続きを読む
1234

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)