キーワード: 受注
積水化学工業、次期中計で戸建シェアNo.1目指す
2016年11月24日01面_住宅産業
 積水化学工業の関口俊一取締役専務執行役員住宅カンパニープレジデントは10日、2016年度下半期の営業利益208億円と過去最高益を更新し「中期の最終年を増益基調に戻して、次期中期に備えたいなと思っている」との決意を表明した。また、住宅市場の状況は、「新築を中心とした受注がやや回復...続きを読む
ハイム子会社とセントラルスポーツ、健康寿命伸ばすリフォーム第1号物件
2016年11月17日06面_住宅産業
 積水化学工業住宅カンパニーは、健康寿命を延ばすためのリフォーム『うちジム』『そとジム』の本格展開を開始した。セントラルスポーツと内外装の100%子会社・セキスイデザインテックが提携して実現したリフォーム商品で、『うちジム』の第1号物件が千葉県船橋市に完成した。第1号物件はマンシ...続きを読む
10月の受注額速報、大手7社の戸建て受注額プラスなく、展示場来場は軒並み増加
2016年11月17日02面_住宅産業
 住宅企業11社の10月における受注額速報がまとまった。このうち戸建住宅の受注額の状況を明らかにしている7社のうち6社がマイナス、1社が横ばいと低迷した。戸建受注低迷の主な要因は、先行指標である住宅展示場来場者数が「8月と9月に減少したことが影響」(パナホーム)、消費増税再延期で...続きを読む
大手住宅企業の16年度通期受注計画、7社中4社が期初計画から下方修正、低金利も商談は長期化
2016年11月17日01面_住宅産業
 2016年度上半期の実績を踏まえ、大手住宅メーカー8社のうち7社の16年度通期受注計画が明らかになった。7社のうち4社(積水化学工業、旭化成ホームズ、住友林業、パナホーム)が期初の受注計画を下方修正し、2社が上方修正、1社が変更無しといった状況になった。期初に予想された消費増税...続きを読む
住友林業、戸建注文の下期受注底上げへ、新たなアプローチで潜在需要開拓へ
01
 住友林業の市川晃社長は8日、2016年度にスタートした中期経営計画を踏まえた16年度下半期の事業戦略を公表した。住宅事業に関しては、戸建注文住宅の受注底上げによるシェアアップと、リフォームや賃貸住宅など周辺事業の規模拡大を図る。戸建注文住宅は、木造住宅に関しては鉄骨系メーカーに...続きを読む
2016年度下半期の取り組み、旭化成ホームズ・パナホーム・三井ホーム
02
 2016年度第2四半期決算発表に伴い、17年3月期決算の大手住宅メーカーによる下半期に向けた取り組みが明らかになっている。旭化成ホームズは、2025年度に売上高1兆円達成に向けての目標を掲げて下半期に建築請負事業のシェアアップや中高層市場への参入、自立型シニア住宅、海外事業展開...続きを読む
住団連による10月度の住宅景況感調査、総受注戸数で2期連続マイナス、決断先延ばしなど影響
2016年11月03日02面_住宅産業
 一般社団法人住宅生産団体連合会は10月28日、10月度の「経営者の住宅景況感調査」報告を公表した。それによると、総受注戸数でマイナス11ポイント、総受注金額で15ポイントと、総受注戸数で2期連続マイナス、総受注金額はプラスに転じた。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助...続きを読む
ヤマダSXL、注文住宅事業の2大目標にストアロイアリティと営業力を向上
2016年11月03日02面_住宅産業
 ヤマダ・エスバイエルホームは10月26日、注文住宅事業においてストアロイアリティの向上と営業力の向上の2つに取り組む方針を明らかにした。ストアロイアリティ向上を図るために、SXLのコンセプトや特徴を一般消費者に伝えるためのテレビCMの再開、ヤマダ電機チラシへの掲載、住宅展示場の...続きを読む
大京が新中計、戸建てリノベに参入 分譲戸建ては300戸体制へ拡大
 大京は10月26日、10年ぶりとなる中期経営計画(2016年度~20年度)を発表した。一戸建て住宅リノベーション事業に参入して、マンションリノベ住宅とともに20年度までに2500戸を販売する。また、自社管理マンション以外の修繕工事受注や、社宅・賃貸マンションなど法人向けリフォー...続きを読む
旭化成ホームズが4~6階ターゲットに中高層展開、20年度に受注500億円に
2016年10月27日02面_住宅産業
 旭化成ホームズは24日、都心部の4~6階をメーンターゲットとした工業化による中高層システム「ヘーベルビルズシステム」を東京とその周辺部で11月から販売を開始したと発表した。特徴は、1985年から戸建てで採用している重量鉄骨「システムラーメン構造」を8階建てまでの中高層に対応でき...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)