【トレンドナビ】三井ホームの木造マンション入居者調査=住み心地満足度98%、木造の弱み「遮音」も高満足度に

木造マンション入居者の総合的な満足度は98%――。三井ホーム(東京都新宿区、池田明社長)は2日、同社初の木造賃貸マンション「MOCXION(モクシオン)INAGI」(東京都稲城市)の入居者アンケートの結果を公表した。住み心地は、「満足」と「やや満足」を足した回答が98%となった。

理由としては断熱性や遮音性の高さのほか、「環境負荷の低い暮らしがしたい」という脱炭素化を意識した回答もあった。断熱性に対する「不満」は冬・夏ともに5%以下に留まっており、モクシオンブランドの特徴のひとつ「ZEH―Mオリエンテッド仕様」の強みがアンケート結果にも反映されたようだ。同社は、実際に木造マンションで暮らした入居者のリアルな声をアピール材料に、木造マンション受注拡大を図る。

2022年12月13日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)