三井ホームの5階建ての木造賃貸マンション「モクシオン・イナギ」、分類要件改定で木造でも「マンション」

三井ホーム(東京都新宿区、池田明社長)が東京都稲城市で建設した5階建ての木造賃貸マンション「モクシオン・イナギ」が竣工した。

周辺相場よりも高い家賃設定にもかかわらず、わずか8日間の見学会で約9割の部屋の借り手が決まったという。

同社が建設とともに力を入れていたのが木造建築物の『地位向上』。これまで木造の共同住宅は、どれほど高品質・高性能でも「アパート」に分類されてしまい、「マンション」と比べて『安っぽい、入居者が集めにくい』などのイメージがつきまとっていた。

そこで同社は、業界団体や大手不動産ポータルサイトなどと共同で、不動産取引のガイドラインを改定。6日から一定の条件を満たす木造共同住宅は、「マンション」で入居者を募集できるようにした。中大規模木造建築の普及速度が加速する。

2021年12月16日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)