21年11月の受注詳報=戸建て・注文が軒並みマイナス、支援策ない「空白期間」は予想通り苦戦

国内経済は徐々に回復の兆しが見え始めているが、住宅市場は冷え込んだまま――。

受注速報値の詳細を公表する主要住宅企業8社の2021年11月の戸建て・注文住宅の受注状況(金額ベース、対前年同月比、積水化学工業住宅カンパニーは棟数ベース)は、全7社が対前年同月を下回った。

住宅取得支援策のない空白期間のマイナスは「あらかたの予想通り」との見解を示すものの、新型コロナ新規陽性者数が急増した8、9月以降の展示場集客の低調ぶりや、木材や鋼材をはじめとする資材価格高騰、旺盛な分譲住宅需要で減少する注文住宅適地など、好転の兆しは見えない。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2021年12月16日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)