キーワード: 積水ハウス

積水ハウス第3四半期決算、二ケタ減収で営業赤字に

積水ハウスが3日公表した、2010年1月期第3四半期連結決算によると、売上高9043億6300万円(前年同期比13・4%減)、営業欠損90億5600万円(同475億9400万円悪化)、経常欠損94億5400万円(同509億1300万円悪化)、四半期純欠損106億6900万円(同2...続きを読む

大手住宅メーカー、2010年度通期受注計画見直し相次ぐ、上方修正と下方修正「まだら模様」に

2009年度受注計画の見直しが相次ぐ。通期計画を公表している大手住宅企業7社のうち、下方修正3社に対し大和ハウス工業と旭化成ホームズ、住友林業が上方修正を行うまだら模様。いずれも、9月中間決算(積水ハウスのみ7月)での受注は、前年同期実績を下回ってはいるが、全社が下期比では大幅な...続きを読む

東電不動産、オール電化賃貸マンションで少人数世帯向けエコキュートを初採用

東電不動産は、東京電力とデンソー、コロナの3社が今年1月に共同開発した少人数世帯向け家庭用自然冷媒給湯機「エコキュート・ライト」をオール電化賃貸マンション(名称=トレステージ東高円寺、住所=杉並区高円寺南1―3―13)で初めて採用した。建物は積水ハウスが設計・施工を手掛けた重量鉄...続きを読む

積水ハウス、「5本の樹」計画で勉強会

積水ハウスは、同社が推進する『5本の樹』計画に関する理解を深めるための「勉強会」を開催した。東京・赤坂の東京支社に社員・取引先・マスコミ関係者を集めて行われたものだ。講師は、シェアリング協会会長の藤本和典氏。同氏は「薬の40%は生物によって生み出されたもので、われわれはその恩恵を...続きを読む

積水ハウス受注計画、当初予定から715億円下方修正

積水ハウスは、2010年1月期通期(単独)の受注計画を、期初予想より715億円下回る見通しに修正した。前年同期比 27・7%減となった上期受注に基づくもので、総額で1兆円割れとなる9900億円にとどまるもようだ。分譲戸建住宅は堅調だったがマンションが大幅なマイナスとなったことによ...続きを読む

積水ハウス、グリーンファーストが年度計画大きく上回る見通し

積水ハウスの環境配慮型住宅『グリーンファースト』の販売が順調だ。7月単月の速報値ながら、同社の月間戸建住宅受注の半数を占めるほどとなった。このままの勢いでいくと、当初の年度計画である太陽光発電システム付き住宅6千棟、家庭用燃料電池1千台を大きく上回る見通しとしている。 グリーンフ...続きを読む

積水ハウス、木造軸組平屋「里楽(RIRAKU)」を発売

積水ハウスは、木造軸組工法住宅『シャーウッド』に、平屋の「里楽(RIRAKU)」を6日から発売した。幅広いニーズに対応するため、屋根の形状(寄せ棟、切妻、片流れ)や勾配(2・5、4、5、6寸)など、多様なプランに合わせて、柔軟に対応できる外観バリエーションを展開。さらに「長期優良...続きを読む

積水ハウス、INAXが斉藤環境大臣に環境保全活動の進ちょく状況を報告

環境大臣とエコ・ファーストの約束を行い、業界のトップランナーとして約1年間、CO2総排出量削減などに積極的に取り組んできたエコ・ファースト企業6社の代表者は23日、斉藤鉄夫環境大臣に各社が掲げた目標に対して現在の進ちょく状況などを報告した。住宅産業界からは、阿部俊則積水ハウス社長...続きを読む

2009年度大手受注計画、市場環境依然厳しく

大手住宅メーカー9社の2009年度の受注計画がまとまった。前期に対して大幅なプラスを計画するところが目立つが、大幅な受注減となった各社の09年3月期(積水ハウスのみ1月期)決算の反動増による。受注環境自体は依然厳しい状況が続いているものとみられ、必ずしも楽観できる状況にはない。各...続きを読む

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)