キーワード: エス・バイ・エル

ヤマダホームズ、エースホーム全株式を建築コンサルのナックに譲渡

ヤマダホームズ(群馬県高崎市、増田文彦社長)は1月27日、同社が86%を保有するエースホーム(東京都新宿区、押谷敏樹社長)の全株式を、2月28日付でナック(東京...

ヤマダホームズ、「家電付き」で2千万円=M&A視野に事業拡大

ヤマダホームズ(群馬県高崎市)の増田文彦社長は住宅産業新聞のインタビューに応じ、「5年後のヤマダ電機の住宅事業の売上高5千億円を達成するため、既存事業の拡大と...

ヤマダ電機、ヤマダS×Lホームを存続会社に住宅事業を再編・統合

ヤマダ電機(群馬県高崎市、三嶋恒夫社長)は8月28日、9月1日に100%子会社となる予定のヤマダ・エスバイエルホーム(群馬県高崎市、宮原年明社長)を存続会社に...

ライフデザイン・カバヤに社名変更

日本カバヤ・オハヨーホールディングス(岡山市北区、野津基弘社長)グループのエス・バイ・エル・カバヤ(同)は4月3日、社名を「Life Design KABAY...

エス・バイ・エル・カバヤ、17年に社名変更し新規事業着手、CLTと木軸の全国FC

岡山県を主要商圏に新築戸建事業を行うエス・バイ・エル・カバヤ(岡山市北区、野津基弘社長)は2017年4月、社名を変更すると共に、17年中に(1)銘建工業(岡山...

銘建工業、エス・バイ・エル・カバヤ、CLT軸に川上と川下が連携して業容拡大へ

2016年度の早期に建築基準告示と一般的な設計法告示が出る予定のCLT(Cross Laminated Timber、JAS上の名称は直交集成板)建築分野で岡...

CLT建築の商品化へ一歩、倉敷で国内初のCLT展示場=エス・バイ・エル・カバヤと銘建工業

CLT(クロス・ラミネーティッド・ティンバー、JAS上の名称は直交集成板)の需要拡大に向け、住宅業界関係者に加えて一般消費者もCLT建築を見学できるPR拠点が...

ヤマダSXLホーム、新たな企業理念で一体感創出を、商品体系2路線で

ヤマダ・エスバイエルホーム(旧エス・バイ・エル)の新体制が6月からスタートした。社名変更を機に、新たな企業理念を公表し社員の一体感創出を図る。 商品体系も...

”掘り起こし”で再生へ=ヤマダ・エスバイエルホーム松田佳紀社長、まずは幹部が率先営業

ヤマダ・エスバイエルホーム(旧エス・バイ・エル)の松田佳紀社長は、「売上減の中で失ったものを掘り起こすことで、企業としての本来の力を再生。さらに、ヤマダ電機の...

S×Lの松田佳紀新社長、営業マンに売れる”武器”を、魅力ある新商品投入で

エス・バイ・エル(6月1日からヤマダ・エスバイエルホーム)の新社長に就任した松田佳紀氏はインタビューに答え、今後の事業について「現状の自社の強みを検証した上で...

13年度大手受注計画、全7社プラスも伸び率小幅に

大手住宅企業の2013年度(1月期の積水ハウスと2月期のエス・バイ・エルを除き3月期)の受注計画がまとまった。 金額を公表している7社すべてがプラス見込み...

S×L松田社長代行、ヤマダ電機とのシナジー強化へ、15年度は5千棟計画、営業再編と人材育成軸に

エス・バイ・エルの松田佳紀社長代行(5月28日の株主総会後の取締役会を経て社長就任予定)は記者会見を行い、一新した新経営陣による新体制の下に、改めて業績拡大に...

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)