エス・バイ・エル・カバヤ、17年に社名変更し新規事業着手、CLTと木軸の全国FC | 住宅産業新聞

エス・バイ・エル・カバヤ、17年に社名変更し新規事業着手、CLTと木軸の全国FC

岡山県を主要商圏に新築戸建事業を行うエス・バイ・エル・カバヤ(岡山市北区、野津基弘社長)は2017年4月、社名を変更すると共に、17年中に(1)銘建工業(岡山県真庭市、中島浩一郎社長)などと連携し設立するCross Laminated Timber(直交積層材、以下CLT)工法の低層木造建築およびオリジナルブランドの木造軸組住宅「カバヤホーム」の全国展開を視野に入れたフランチャイズチェーン(2)CLTによる地元での建築請負事業(3)海外住宅事業開始の準備でベトナムに現地法人――を立ち上げる。ヤマダ・エスバイエル販社事業は継続する。新規事業着手は17年開始で25年が最終年度の計3回の中期3ヵ年経営計画の一環。25年の年商目標300億円と現状160億円との差をCLTを軸とする新規事業で主に創出する。創業45周年に当たる17年に区切りとして経営の多角化に着手、新築戸建市場の規模が縮小しても持続的経営が行える体質を目指す。

2016年12月08日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)