銘建工業、エス・バイ・エル・カバヤ、CLT軸に川上と川下が連携して業容拡大へ

2016年度の早期に建築基準告示と一般的な設計法告示が出る予定のCLT(Cross Laminated Timber、JAS上の名称は直交集成板)建築分野で岡山県内の川上と川下の企業が連携、CLTを軸に業容拡大に乗り出そうとしている。現状では全国で2社しかないJAS認定のCLT製品の製造メーカーの1社・銘建工業(岡山県真庭市、中島浩一郎社長)と、県下の14年度注文住宅着工棟数ランキングでトップ(住宅産業研究所調べ)に初めてなったエス・バイ・エル・カバヤ(岡山県岡山市、野津基弘社長)だ。両社は4号建築としては国内初となる予定のCLT建築展示場「カバヤホーム 倉敷CLT展示場」で1月16日、事業者向けの構造見学会を実施した。CLT工法オープン化後は両社間で結んだ事業提携契約に基づきCLTを構造材に使う住宅・非住宅の商品化に乗り出す。CLTを起爆剤に将来を模索する銘建工業とエス・バイ・エル・カバヤを取材した。

2016年02月04日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)