13年度大手受注計画、全7社プラスも伸び率小幅に | 住宅産業新聞

13年度大手受注計画、全7社プラスも伸び率小幅に

大手住宅企業の2013年度(1月期の積水ハウスと2月期のエス・バイ・エルを除き3月期)の受注計画がまとまった。

金額を公表している7社すべてがプラス見込みだが、積水ハウスと住友林業以外は、いずれも前期比で5%を下回る伸びにとどまる。概ね同5%を超え二ケタ増も2社と好調さに湧いた12年度の実績と比べると、いくぶん小幅な印象だ。豊富な受注残高を抱え大幅な増収増益が見込まれる各社の業績見通しだが、消費税率引き上げのタイムリミットを9月に控える請負事業の受注に関しては、上期の駆け込み需要と下期の反動減を踏まえ慎重な見方が強い。

2013年5月23日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)