大手住宅企業12年度受注計画、公表7社が前期実績上回る見込み | 住宅産業新聞

大手住宅企業12年度受注計画、公表7社が前期実績上回る見込み

大手住宅企業の2012年度(1月期の積水ハウスを除き3月期)の受注計画がまとまった。

伸び率に差はあるものの、公表7社すべてが金額ベースで前期実績を上回る見通し。東日本大震災の影響が懸念された11年度決算だが、決算期を変更したエス・バイ・エルを除く8社で増収増益となるなど、比較的順調に収益を伸ばせたことも要因。中でも、旭化成ホームズと積水化学工業住宅カンパニー、大和ハウス工業の3社は過去最高益を更新している。その一方で、欧州情勢や消費税率問題などに対する不安感から、「先行きは依然不透明」との見方も根強い。

計画を公表している7社すべてが、11年度に続きプラスを予定する。また、金額未公表のミサワホームも、工業化住宅の戸数ベースでは前期実績を上回る見通しで、全般的にはプラス基調にあるといえそうだ。

2012年5月24日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)