ヤマダとS×L、注文住宅の新営業ツールを共同開発=専用のタブレット活用 | 住宅産業新聞

ヤマダとS×L、注文住宅の新営業ツールを共同開発=専用のタブレット活用

ヤマダ電機とエス・バイ・エルは、注文住宅の新たな営業ツールとして図面作成と見積の連動機能を備えた専用タブレット端末を共同開発した。見込み客に対し、現場で即座に必要な情報を伝えられるため、営業活動のスピードアップや効率的な受注拡大が図れる。S×Lの注文住宅営業社員に配布するほか、ヤマダ電機店舗内の住まい専用ブース「トータル・スマニティー・ライフ・コーナー」でも積極的に活用していく。

新開発のタブレット端末は、アプリケーションとして簡単な操作で間取りを自由に作成できる「図面作成」機能や、キッチン・外装材などのオプションアイテムを画像を見ながら選択できる「アイテムセレクト」機能を搭載。また、間取りやアイテムに連動して、見積金額を提示する見積連動機能を備えたほか、その金額に対する総予算計画や資金計画もリアルタイムに確認できる。

2012年7月26日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)