S×L荒川社長が会見、賃貸と分譲本格化、新たな受注経路開拓へ

エス・バイ・エルの荒川俊治社長は記者会見を行い、新規事業としての賃貸住宅の展開と戸建分譲住宅事業本格化を軸に、新たな受注経路の拡大に取り組む方針を明らかにした。

新築注文住宅に続く事業の柱を育成する。賃貸住宅では、新ブランド『セントロイエル』を立ち上げるとともに新商品を投入。さらに、一括借り上げシステムの構築も行う。また、戸建分譲事業も独自の「スマートハウジング」をベースに(1)本社分譲部主導(2)支店主導(3)ミニ分譲──の3つの形態で総合展開する。

2012年10月25日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)