桧家ホールディングスの9月注文住宅受注、8割増で過去最高棟数に | 住宅産業新聞

桧家ホールディングスの9月注文住宅受注、8割増で過去最高棟数に

桧家ホールディングス(本社=埼玉県久喜市、近藤昭社長)傘下の注文住宅事業会社全7社の9月の総受注棟数が前年同月比81・8%増となり、単月で過去最高の受注棟数を記録した。

引渡した太陽光発電搭載住宅の80%が年間光熱費ゼロもしくはプラス収支となった実績PRと、LED照明無料キャンペーンが要因。注文住宅受注の1―9月の太陽光搭載率は前年同期比38・4ポイント増の51・8%と大幅に伸び、ユーザーの関心が高い光熱費削減ニーズのキャッチアップが好結果につながったといえそうだ。

今期の注文受注目標2160棟に向け、さらなる営業強化を進める方針だ。

2012年10月25日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)