トップに聞く=近藤昭桧家ホールディングス社長、「震災後に建て替え需要が増加」 | 住宅産業新聞

トップに聞く=近藤昭桧家ホールディングス社長、「震災後に建て替え需要が増加」

震災で冷え込んだ購買マインドも回復、各社とも期初計画の達成に向け余念がない。そこでは震災前からあるニーズを押さえつつ、震災後に生じたニーズをいかにつかむかがカギとなる。関東で戸建住宅事業を展開、2007年の名証2部上場後は業容拡大が目覚ましい桧家住宅グループの近藤昭・桧家ホールディングス社長に、震災前後の事業環境と今後の展開を聞いた。

東日本大地震の前後の受注環境は、どのようだったか。
――主力の注文住宅の月次受注は2月に過去最高を20%更新した。これは、省エネ対策4等級が標準の弊社商品がユーザーの省エネニーズをつかんだことと、総合展示場の需要地展開が貢献したためと考える。客足は4月まで止まったが、5月のGWに回復し過去最高を再び更新した。

2011年10月20日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)