JBN代議員総会基調講演/熊本工務店ネットワーク・久原英司会長、求められた木造仮設住宅 | 住宅産業新聞 | Page 5

JBN代議員総会基調講演/熊本工務店ネットワーク・久原英司会長、求められた木造仮設住宅

今、熊本では工務店のために工務店が頑張っている。これらの工務店は被災者のために、自分の会社を閉めてまで頑張っている。
私たちがつくっている仮設住宅はほぼZEHに近い性能。2020年の建築基準に合わない家だったら、工務店が建てる意味がないから。被災した人たちが帰ったときにホッとできるような家をつくろうということにした。当社が標準でデコスドライ工法を使っているので、安成社長(安成工務店、安成信次社長)にお願いしたところ、快く協力してくれた。ほかの各メーカーの協力も得た。
今では熊本県も我々に協力してくれている。当初は「必要ない」と言っていた県が、毎日連絡して来て、相談しながら一緒になって取り組んでいる。
熊本地震が起きなければよかった。でも遭ってしまったものは仕方がない。しかし、そこから得るものもものすごく多くて、災害=(イコール)マイナスだけでなくて、災害でプラスになることもあるのだと思った。工務店は工務店の協力なしにはできない。工務店はやはり「ハート」だと思う。
ちょっとしたことにはハートでカバーするぐらいの気持ちでできるのが、小さな工務店の集まり。熊本地震ではそれを感じられた。被災を経験しないと感じることができなかった喜びもあった。私たちは「こんな関係になれて良かった」と話している。(了)

2016年07月14日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)