住宅ローン減税とすまい給付金が「延長」 | 住宅産業新聞 | Page 2

住宅ローン減税とすまい給付金が「延長」

なお、長期優良住宅とは、何十年も長期間にわたり使用する住宅として、耐震性や耐久性、省エネ性、メンテナンス性などの要件を満たした住宅。低炭素住宅は最新の省エネ基準より10%以上もエネルギー削減効果が高く、太陽光発電システムなどと組み合わせたトップレベルの省エネ住宅のことだ。

さて、住宅ローン減税の特徴として注意が必要なのは、所得税からの減税ということ。言い換えると、支払っている所得税がゼロになるまでしか減税されないということだ。具体的な数字例をあげると、年間30万円の所得税を支払っている人は所得税がゼロになるまでなので、ローン減税の金額は30万円になる。

減税できなかった分は住民税から減税

たとえ減税額を40万円まで利用できたとしても、10万円分は減税できない。そこで、住民税からも年間13万6500円を限度に減税することができる。前述の例なら住民税からさらに10万円減税できるため、最大減税額40万円の全額で恩恵を受けることも可能だ。

住宅ローン減税の対象になる住宅には要件がある。主な要件の内容は、(1)床面積が50平方メートル以上(2)ローンの返済期間が10年以上――などとなっている。そして、住宅ローン減税は新築だけでなく中古や増築も対象だ。もちろん、中古や増築の要件は新築とは異なるので注意が必要だ。

ユーザー版2015年冬季号から記事を抜粋
お近くの住宅展示場などで無料配布しています
最新号はホームページでもご覧いただけます
住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)