今週の紙面

2022年5月24日(第2089号)/大和ハウス工業・第7次中期経営計画を発表、2026年度に海外売上高1兆円へ=資材高騰リスク、集中購買で回避

主なトピックス
パナソニックホームズ、賃貸ブランド「ユアメゾン」に3階建て新商品「ビューノルガロ」=構造の強さと設計対応力の高さをアピール/ケイアイスター不動産「Komichi no 小町 古河市下辺見6期・7期」、「街育」をコンセプトに差別化図る=小路活用で住民の交流を促進/LIXIL、リフォーム用シャッターに「三方枠納まり」=台風対策ニーズ獲得で/全宅連=会員間流通サイトを新設、物件登録から申し込みまで一気通貫、レインズの半数に及ぶ物件情報集約し成約増へ、7月始動/アステック、「和 WABURO」に新商品

キッチン・バス特集
若年層、料理頻度高まる=「自宅時間の増加」などで/キッチン・バス工業会、第18回「台所・お風呂の川柳」の作品募集/【各社の推奨商品】タカギ「蛇口一体型浄水器『LS』」・タカラスタンダード「システムキッチン『レミュー』」・ブルム「収納家具『スペースステップ』」・トクラス「バスルーム『YUNO』」・ノーリツ「ガスビルトインコンロ『+do』」・TOTO「タッチレス水栓『タッチレス水ほうき水栓LF』」

連載
コラム「ひと」=タカラスタンダード東京支社工務センター東京工務課長の三谷悟さん/JGBA理事が語る・住宅産業ニュース(14)/2020年度 都道府県別着工ランキング=11/注目の助成金=118(ナビット社長 福井泰代)/木造ハウジングコーディネーター 目指せ!木造住宅のスペシャリスト=105日本木造住宅産業協会)

掲載記事一覧
野村不動産、分譲戸建てにPV搭載=首都圏300戸、1千キロワット創エネ/タカラスタンダード、マンションリフォーム特化型拠点オープン=都内墨田区、需要獲得の拠点に/住友林業、豪州でランドスケープ事業を展開=現地に子会社、環境配慮型開発を推進/PLT傘下の不動産2社、既存賃貸にスマートロックを導入=利便性・付加価値向上、新たな価値創造へ/住友林業、桐朋学園宗次ホールが木材活用コンペ・優秀賞=CLT採用した音楽ホール/大和ハウス工業、大阪マルビル建て替えへ=工事期間中は万博のバスターミナルに/中央住宅が田無の分譲地内にシンボルツリー、住民交流のきっかけに/吉永建設、購入済みの分譲住宅を期間限定でモデルハウス化=ウッドショックによる価格高騰対策として/大東建託が「街の住みここち&住みたい街ランキング2022<首都圏版>」を発表/サンゲツ、「リフォームセレクション2022―2024」を発刊/トクラス、「アフェット ベッセルボウル」を発売/全宅連調査=不動産価格の実感値、5期連続プラスも価格上昇に見通しに懸念/東日本レインズ調査=4月の中古戸建流通、件数連続減も価格は上昇/年度末の建設業許可業者数、ピークの00年以来初の4年連続増/国交省=統計の不適切処理、原因「マネジメント不足」/土地の利活用促進へ支援強化の協議体を設置、国土交通省 他

決算
旭化成ホームズ22年3月期連結/大和ハウス工業22年3月期連結/ケイアイスター不動産22年3月期連結/飯田GHD22年3月期連結/YKKAP22年3月期/タカラスタンダード22年3月期/大建工業22年3月期/ノーリツ22年12月期第1四半期

人事・機構改革
大和ハウス工業/三井ホーム

こんな記事も読まれています

過去の新聞はこちら

年別

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)