キーワード: 積水ハウス
積水ハウスが2月から在宅勤務制度化、短時間の集中勤務で仕事の仕方に変化も
2017年03月09日02面_住宅産業
 積水ハウスは、新年度が始まった2月から在宅勤務を制度化した。これまでも個々の従業員の希望で在宅勤務は可能だったが、制度化することで在宅勤務をしやすくしてメリハリを付けた働き方を推奨するものだ。また、育児休業や介護休業を取得している従業員からも、キャリアを中断させることの不安など...続きを読む
積水ハウスと福島県、県立医療センターで基本協定書締結
2017年03月02日02面_住宅産業
 積水ハウスは2月22日、福島県双葉郡における住民帰還後の医療環境を整えるため、福島県と「県立ふたば医療センター(仮称)」に関する基本協定書を締結した。東日本大震災による福島第一原発事故で避難指示区域に指定されていた地域が、帰宅困難区域を除いて3月までに解除される方針。事故後は双...続きを読む
スムストック専用瑕疵保険、販売士査定で保険料無料
2017年02月23日02面_住宅産業
優良ストック住宅推進協議会は20日、活動報告会「スムストックレポート2017」を東京都内で行った。冒頭に挨拶した同協議会会長の和田勇積水ハウス会長兼CEOはスムストックの拡大で「若い人が家を取得しやすくなるし、家を大事にする」とその効果を強調、「年間1万戸をやり遂げていきたい」...続きを読む
住宅企業の1月受注額速報、全体にバラツキ目立つ、戸建て受注は各社苦戦
2017年02月16日02面_住宅産業
 住宅企業11社の1月における受注金額(速報値)は、11社中7社がプラス、4社がマイナスとなるなどバラツキが目立った。戸建住宅の受注は積水ハウスをはじめ、住友林業、ミサワホーム、パナホームなどがマイナス、大和ハウス工業もマイナス方向での横ばいと苦戦している。注文住宅受注の先行指標...続きを読む
鳥取県、積水ハウスなど全国初の整備事業、水素学習の場が完成
2017年02月02日02面_住宅産業
 鳥取県、積水ハウス、鳥取ガス、本田技研工業は、1月27日に「鳥取すいそ学びうむ(とっとり水素学習館)」の完成セレモニーを行った。4社が昨年1月に締結した「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」に基づくもので、水素ステーション、住宅、燃料電池自動車(FCV)を一体整...続きを読む
2017年、オリコン注文住宅 顧客満足度ランキング
 オリコンは、実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した2017年の「顧客満足度ランキング ハウスメーカー注文住宅」を発表した。それによると調査した47社のうち1位はスウェーデンハウスで、全14個の調査項目のうち12項目でベスト3に入った。「好みにオーダーメイドできた」...続きを読む
匿名座談会、2017年市場・政策展望、新築とリフォーム二本立て、贈与税枠など今後に
2017年01月26日07面_住宅産業
 住宅産業新聞は、2017年の住宅市場や住宅政策の展望を、住宅産業界の政策通に語っていただく、恒例の「匿名座談会」を開催した。今回の主なテーマは(1)政府の2017年度の予算・税制改正案について(2)16年度及び17年度の住宅市況の見通し(3)現状の住宅市場の需要構造の変化・動向...続きを読む
福島県富岡町で災害公営住宅第2期工事開始、集合住宅を積水ハウスが設計・施工
2017年01月26日01面_住宅産業
 2011年3月の東日本大震災からもうすぐ6年。福島第一原子力発電所事故により避難指示区域に指定されている場所では、事故当時の状況から時が止まったままのところも多い。だが、困難な状況の地域においても、少しずつではあるが着実に復興の灯火がともり始めている。4月の避難指示解除に向け住...続きを読む
大手住宅による木造戸建て災害公営住宅、福島沿岸も復興へ
2017年01月26日02面_住宅産業
 東日本大震災からまもなく6年が経過するが、福島第一原発事故の影響が大きい福島県沿岸部でも、被災者の帰還へ向けた動きが始まっている。2015年9月に避難指示が解除された福島県楢葉町と今年4月の避難指示解除を予定する富岡町は、地元住民から要望が高かった木造戸建ての災害公営住宅を建築...続きを読む
住宅企業11社の12月受注金額速報はバラツキ目立つ、展示場来場は堅調も正月来場はやや不振に
2017年01月19日02面_住宅産業
 12月における住宅企業11社の受注金額速報は、6社がマイナスだった一方、二ケタ増が3社とバラツキが目立った。戸建ては7社中プラスは1社のみ。これまで受注をけん引してきた賃貸住宅の受注にはバラツキもみられ、積水ハウス、大和ハウス工業、住友林業、パナホームはいずれもマイナスで、特に...続きを読む

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)