LED | 住宅産業新聞 | Page 2

キーワード: LED

TOTO、中津工場に新たな衛生陶器生産工場棟を建設

TOTOは、国内衛生陶器生産工場の老朽化設備更新のため、TOTOサニテクノ中津工場(大分県中津市)に新たな衛生陶器生産工場棟を建設する。4月末に着工し、2017年5月の本格稼動を目指す。 生産ラインの更新にあたり最新性能の生産設備を導入し、生産性向上の推進を図る。最新式...続きを読む

パナソニック、住宅用LED照明器具「美ルック」の品番を拡充

パナソニックエコソリューションズ社は、住宅用LED照明器具「美ルック」の性能を強化して、品揃えを充実させる。自然光に近い演色性を実現。ダウンライトやペンダント、建築化照明など12種類合計444品番を揃えた。 平均演色評価数Ra95を実現し、自然光のもとで見える色に近いレ...続きを読む

パナES社、非住宅事業の成長戦略披露

パナソニックエコソリューションズ社(以下、ES社)の吉岡民夫社長は、ビルや店舗・公共施設などの非住宅市場での成長戦略を披露した。 創業100周年となる2018年にパナソニックグループは売上高10兆円を目標に掲げており、ES社は売上高2兆8千億円(住宅2兆円、非住宅8千億円)...続きを読む

小泉産業、PVによる売電事業を開始

照明専業大手のコイズミ照明を傘下に持つ小泉産業(大阪市中央区、梅田照幸社長)は、再生エネルギー固定価格買取制度を活用した太陽光発電システム(PV)による売電事業を開始した。 LED照明器具製造2拠点に設置するPV発電所で発電した電力を、関西電力に全量売電する。...続きを読む

パナソニック、業界初のLED非常用照明器具を開発

パナソニックエコソリューションズ社は、ビルや施設用の非常用照明器具で業界で初めてLED光源を採用した「LED非常用照明器具」を開発した。 非常灯の光源は、建築基準法で白熱灯と蛍光灯のみに限られている。そこで同社は、非常灯にLED光源を搭載するため、国土交通大臣認定制度を...続きを読む

LIXIL、最上位の洗面化粧台「ルミシス」

LIXILは、最上位グレードの洗面化粧台「ルミシス」を28日に発売する。 壁との隙間を埋める間口調整材や現場で間口調整が可能な扉ユニットを用意してリフォームニーズに対応する。調光可能な縦型LED照明、センサーと手元操作が可能な水栓金具、大理石の質感と素材感を再現した一体成形...続きを読む

LIXIL、エクステリア用LED照明に新デザイン

LIXILは、エクステリア用LED照明「エクステリアライト」に新デザインを追加した。 クラシカルな新欧風ライト6タイプと、門袖施工に対応するブラケットライト7タイプを4月1日から販売を開始する。 また、同社は新商品の発売に合わせて、エクステリアライトのLED照明...続きを読む

ミラノサローネ、部品企業が多数出展

4月8日から13日の6日間、イタリア・ミラノに隣接するロー市を中心に開催される世界最大級のデザイン見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」に、日本の住宅部品関連企業が出展する。 7年連続の出展となるパナソニックは、「SLIDING NATURE」をコンセプトに、住環境と自然が...続きを読む

コイズミ照明=グランフロント大阪にLED照明提案型施設「KLOS」を開設

コイズミ照明は、大阪・梅田地区の大型複合施設グランフロント大阪(大阪市北区大深町4―20)南館12階に、LED照明提案型施設「KLOS(コイズミ照明オペレーションスタジオ大阪、クロス)」を開設した。 各種商品を展示する従来のショールーム機能に加えて、国内外の最新技術を持つ企...続きを読む

大光電機=戸建住宅のLED化が加速、13年度は過去最高の売上高に

大光電機(本社=大阪市中央区)は記者懇親会を行い、2013年度上半期の概況などを説明した。 前芝辰二社長は、同社を取り巻く事業環境について「LEDは好調だがLED以外の既存照明の減少幅が大きく、業界全体では金額で対前年比約3%のマイナス」と、市況の厳しさを指摘。一方、同社が...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)