市場に挑む=田中豊オーデリック経営企画ゼネラルマネージャー、3年後にLED化率7割目指し300億円達成へ

3年後にLED照明の構成比を7割まで高め、売上高300億円達成へ――。

照明専業メーカー大手のオーデリック(東京都杉並区、伊藤雅人社長)は1996年の株式上場後初となる3ヵ年(2012~14年度)の中期経営計画を公表した。省エネ・節電への関心の高まりやリフォーム市場の拡大など、住宅や照明を取り巻く事業環境の変化が加速するなか、(1)非住宅分野の強化(2)LED照明の売上比率拡大(3)グローバル展開に向けた体制構築――を中計の主要施策に位置付け、業績を再び成長軌道に乗せる。中期経営計画を取りまとめる田中豊経営企画ゼネラルマネージャーに具体的な戦略を聞いた。

―中期経営計画の策定・公表について
住宅用照明器具をメーンに事業を展開している当社は1996年の上場以来、新設住宅着工戸数の減少に引きずられるように、業績の低迷が続いていた。

しかし、2010年頃から、省エネ・節電ニーズを背景にLED照明が脚光を浴び、当社の業績も回復基調となった。また、今後の照明市場の動向がある程度見通せる状況になったため、具体的な施策と3年後の業績目標を掲げた中期経営計画を策定し、公表した。

2012年7月12日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)