パナソニック、業界初のLED非常用照明器具を開発 | 住宅産業新聞

パナソニック、業界初のLED非常用照明器具を開発

パナソニックエコソリューションズ社は、ビルや施設用の非常用照明器具で業界で初めてLED光源を採用した「LED非常用照明器具」を開発した。

非常灯の光源は、建築基準法で白熱灯と蛍光灯のみに限られている。そこで同社は、非常灯にLED光源を搭載するため、国土交通大臣認定制度を活用。「火災時に室内温度が上昇した場合でも、1ルクス以上の照度が確保できる非常用照明器具」として国土交通大臣の認定を取得し、LED非常灯の商品化を実現した。

建築基準法の規制もあり、これまで非常灯のLED化はまったく進んでいなかった。同社は約1年後の2015年度末までに非常灯のLED化率100%を目指す。

LED非常用照明器具は、専用型や直管LEDランプ搭載型など34機種の豊富な品揃えで、ビルや施設、学校などの新築からリニューアルにおける照明のLED化に幅広く対応する。

2014年11月06日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)