住宅ローン新規融資、14年度に入り二ケタ減

2014年度に入って住宅ローンの新規貸出額が大きく落ち込んでいる。住宅金融支援機構がまとめた業態別の住宅ローン新規貸出額によると、14年4―6月期は前年同期比17・6%減の3兆9211億円と二ケタ減だった。

3ヵ月ごとに行っている日銀の主要銀行貸出動向アンケートによれば、同時期の銀行による住宅ローン需要が大きく落ち込んでおり、消費増税の反動減などが影響している。史上最低水準の低金利が続くなかでもローン需要が低迷したが、7―9月期は銀行の住宅ローン需要に回復の兆しがあり、落ち着きを取り戻す可能性が高い。

業態別住宅ローンの新規貸出額の内訳は、最大シェアの国内銀行が前年同期比17・3%減、住宅金融支援機構のフラット35(買取型)が32・5%減といずれも二ケタのマイナスに落ち込んだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2014年11月06日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)