パナソニック・エコソリューションズ社、「一室複数灯」提案を強化=ユニット交換の工具レスLED販売も

パナソニック・エコソリューションズ社は今期、部屋の照明のあり方として、メーン居室にシーリング灯を1灯設置するのではなく、ダウンライトを複数灯以上設置して明るさを確保する「一室複数灯」提案を強める。シーリングライト1灯より「一室複数灯」の方が夜間の部屋に必要な明るさを確保しつつ、一室あたりの照明器具購入費と消費電力を共に抑制できるとし、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)対応および質の高い照明プランの実現に役立つと説明した。新商品の扱いでは、工具なしでLEDユニットが交換できる新型ダウンライトや、人気ブランドとデザインでコラボレーションしたペンダント照明などの拡販を目指す。全国7会場で行う電材と住建の新商品内覧会「NEW BOX 2016」(7月までの期間順次開催)の20日の東京開催に合わせて記者会見を行い、2016年度の住宅照明事業の活動方針として発表した。

2016年05月26日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)