キーワード: セキスイハイム
セキスイハイム、PV大容量化や節電意識で光熱費ゼロ住宅比率80%に上昇
 積水化学工業住宅カンパニーがまとめた『太陽光発電実邸アンケート調査』によると、2011年のセキスイハイムにおける光熱費ゼロ住宅比率は、前年を7ポイント上回り80%に達したことがわかった。太陽電池(PV)の大容量化や節電意識の高まりが背景。年間の光熱費収支も平均で6万6千円のプラ...続きを読む
東京セキスイハイム、首都圏エリアでの分譲住宅事業強化、今年度中に300区画
 積水化学工業住宅カンパニーグループの東京セキスイハイムは、首都圏エリアでの分譲住宅事業強化に乗り出す。  ボリュームゾーンの一次取得者層を対象にした分譲地「スマートハイムタウン」の供給拡大を進めるもので、このほど第1弾として『スマートハイムシティ印西牧の原』の分譲をスタートさ...続きを読む
セキスイハイム、メゾネットタイプの2階建て賃貸、上下階の騒音解消や収納拡大
 積水化学工業住宅カンパニーは、メゾネット(連棟)タイプの2階建て賃貸住宅『レトアメゾネット・シンフォニースタイル』を28日から販売する。上下階の騒音解消や収納量の拡大を図るなど、賃貸住宅派ファミリー層の悩みを解消。さらに、1戸あたり1・5キロワットの給電が可能な太陽光発電(PV...続きを読む
セキスイハイム、木質住宅商品体系を再編、統合と共通化両面で
 積水化学工業住宅カンパニーは、木質系2×6ユニット住宅の商品体系を再編し、『新グランツーユー』として展開する。  既存4商品の統合とともに、部材システムの再編・共通化を実施。新たなユニット導入など工場生産性の向上と工期短縮も図った。ユーザーの外観ニーズに柔軟に対応できる態勢と...続きを読む
セキスイハイムが賃貸居住者調査、今後も賃貸希望54%に
 賃貸住宅居住者(カップル・ファミリー)の54・4%が、今後も「賃貸住宅派」に──。  積水化学工業住宅カンパニーが実施した『2011賃貸住宅の入居者実態調査』の結果で、主に住み替えの自由さを理由としている。また、7割が長く住みたいという希望ながらも「良質賃貸住宅があまりない」...続きを読む
セキスイハイム、新コンサルティングサービス「スマートハイムFAN」運用開始
 積水化学工業住宅カンパニーは、ウェブを活用した新コンサルティングサービス『スマートハイムFAN』の運用を、10月1日からスタートする。  独自のクラウド型HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)である「スマート・ハイムナビ」を搭載した次世代住宅『スマートハイム』...続きを読む
セキスイハイム、中期計画中間見直しで「成長」軸にシェア拡大を
 積水化学工業の高下貞二・住宅カンパニープレジデント(取締役専務執行役員)は、中期経営5ヵ年計画『GS21-SHINKA!』での同カンパニーにおける中間見直しを行い、第2ステージ(11年度~13年度)の方針を発表した。  キーワードを「成長に軸足を移し、シェアの拡大を図る」に設...続きを読む
セキスイハイム、既築住宅も「スマート化」、ナビと太陽光セットで
 積水化学工業住宅カンパニーが、既築住宅の『スマートハイム化』を、18日からスタートさせる。これまでに建築されたセキスイハイムを対象に、コミュニケーション型HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)『スマートハイム・ナビ』と太陽光発電システムのセット販売を行う。  ...続きを読む
セキスイハイム、「蓄電」住宅で実証実験、将来のエネルギー自給も視野に
 積水化学工業住宅カンパニーは、蓄電池付ソーラー住宅の実証実験をスタートさせる。独自のコミュニケーション型のHEMS『スマートハイム・ナビ』と太陽光発電システム、蓄電池の組み合わせで、エネルギーの「見える化」のほか、ピークカットや将来の自給自足の手法を検証する。東京や東北など電力...続きを読む
東京セキスイハイム、「成長・拡大」キーワードに、首都圏の生販一体運営
 東京セキスイハイムによる、首都圏の生販一体化運営の概要が明らかとなった。キーワードは「成長・拡大」。ユニット工法住宅の強みを進化させ、地域密着経営、地域ニーズに応える商品開発、CS向上を主眼に5本柱でシェア拡大を図る。2013年度には売上高1200億円(11年度1千億円)、営業...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)