連載「タイに根付くか日本の戸建住宅」セキスイハイムの挑戦=1、最新鋭の生産設備を導入 | 住宅産業新聞

連載「タイに根付くか日本の戸建住宅」セキスイハイムの挑戦=1、最新鋭の生産設備を導入

純粋な内需型とみられていた日本の戸建住宅産業に、一石を投じる形となった積水化学工業住宅カンパニーのタイ工場。日本企業で初のユニット住宅の海外生産拠点という位置づけに加え、タイ人による設計・販売・施工に至る態勢を整えるなど、日本のビジネスモデルを生かしつつ、現地化への取り組みを強める。

「日本の住宅市場が縮小する中で成長を継続するには、アジアと共生していくことが必要」(高下貞二取締役専務執行役員・同カンパニープレジデント)との認識による。

現地での事業は、生産会社SSIC(SEKISUI-SCG INDUSTRY CO.,LTD)と販売会社であるSSSC(SCG-SEKISUI SALES CO.,LTD)の2社が行う。いずれも、タイ国内最大級のコングロマリットSCG(サイアム・セメント・グループ)と積水化学工業の合弁会社で、2009年9月の設立となっている。

2013年7月4日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)