旭化成ホームズ、中期計画を上方修正、売上高500億円上乗せ、営業利益率10%も

旭化成ホームズが、2015年度を最終年度とする『中期経営計画』を上方修正した。

新たな目標値は、売上高が500億円上乗せの5500億円、営業利益が100億円増の550億円で、売上高営業利益率も10%の大台乗せとなる見通しだ。想定以上の受注の好調さに伴う販売増によるものだが、途中消費税の増税期を挟むなど不安定要素もあり、再見直しの可能性も示唆した。また、この計画値は事業会社としての旭化成ホームズ単独の目標で、グループ持ち株会社である旭化成の中期経営計画には反映されていない。

2012年11月15日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)