トヨタホームとミサワホーム、スマートタウンを本格展開、ZEHや環境機器搭載で | 住宅産業新聞

トヨタホームとミサワホーム、スマートタウンを本格展開、ZEHや環境機器搭載で

ミサワホームとトヨタホームが、相次ぎスマートタウンの本格展開に乗り出す。

ミサワは、埼玉県熊谷市の「熊谷スマートタウン整備事業」の優先交渉権者に選ばれ、6日に同市と基本協定書を結んだ。供給する木質パネル接着工法の戸建住宅73戸について、全棟でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準対応仕様で、2015年夏頃をメドに販売を開始する。一方のトヨタは、福岡県北九州市内2ヵ所(計約70戸)で戸建分譲のまちびらきを行った。

トヨタグループの技術を結集し「家・車・情報」をつなげたスマートハウスで、より快適な生活を提案する。

2012年11月15日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)