1リットルの節水で約1ワット時の節電に=TOTOが節水・節電提案 | 住宅産業新聞

1リットルの節水で約1ワット時の節電に=TOTOが節水・節電提案

TOTOは今夏の電力不足に対して、節水による節電提案を始めた。同社の環境ポータルサイト「GREEN CHANNEL」に新コンテンツ『節水で、節電。節水で社会の節電につなげよう』を掲載して周知活動をスタートさせたほか、7月1日から9月30日まで、従来のグリーンリモデル商品フェアと連動した節水・節電キャンペーンを新たに展開する。

生活用水は、電力エネルギーを利用して浄水や下水処理などを行うため、節水することで「社会全体の節電」につながる。そこで同社は「水を1リットル節水すると、0・98ワット時の節電に貢献」(2008年度水道統計と下水道統計をもとに同社が試算)できるとして、トイレやキッチン、お風呂などのシーンごとに、生活習慣を見直すだけですぐに実践できる節水アクションと、1ヵ月あたりの節電効果をまとめた。また、節電効果はテレビの視聴時間数に換算するなど、こどもでもわかりやすい表示に配慮している。

2011年6月30日付け6面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)