家庭の省エネ、断熱・遮熱がカギに | 住宅産業新聞 | Page 4

家庭の省エネ、断熱・遮熱がカギに

その一方で、どんなに性能の高い冷暖房機器を使用しても、それを使う場所である住宅そのものの断熱性能が低いと、外気温の影響を受けやすくなり、冷暖房効果が低下する。その結果、より多くのエネルギーを消費してしまう。

そこで経済産業省は、住宅の断熱性能を向上させることを目的に「建築材料を対象とするトップランナー制度」を13年12月からスタートさせた。

建築材料の面から住宅の高断熱化を促す狙いだ。建材のトップランナー制度で、家庭部門のさらなる省エネにつなげる。

2014年06月19日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)