家庭の省エネ、断熱・遮熱がカギに | 住宅産業新聞 | Page 3

家庭の省エネ、断熱・遮熱がカギに

家庭部門のエネルギー消費量がなかなか減らないのは、世帯数の増加や家電機器の多様化などの影響が大きい。

世帯当たりのエネルギー消費量を主要国で比較すると、日本はアメリカの半分以下、ドイツの約3分の2というデータ(出典=住環境研究所・10年9月)もある。全館暖房の諸外国に対して、部屋単位で暖をとる日本は、暖房エネルギーが極端に小さいという特殊要因はあるものの、もともと小さい消費エネルギーをさらに削減するのには限界がある。

また、行き過ぎた省エネは、安全性や快適性などを損なう可能性もある。

家庭のエネルギー消費量の約半分は、照明や家電製品などの電気。エアコンやテレビなどの家電製品は、省エネ性能を向上させ、家庭のエネルギー消費量削減に貢献してきた。

2014年06月19日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)