記事の分類: 金融・行政
今冬ZEHの体験宿泊実施を検討、環境省、SNS通じて普及・認知拡大目指す
2017年04月20日05面_住宅産業
 環境省は、家庭における省エネの取り組みを普及させることを目的に、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)体験宿泊を検討している。住宅メーカーや工務店の協力を得て、既存のZEHモデルハウスなどに、著名人や住宅を新築予定の一般消費者に宿泊してもらうもので、今年度の冬の体験を目指す...続きを読む
フラット35団信保険を分割、毎月支払いに組み込み失念防止
2017年04月13日05面_住宅産業
 住宅金融支援機構は、フラット35の利用者(債務者)が加入できる団体信用生命保険を、現行では特約料支払いは年に1度となっているがこれを分割にし、毎月のフラット35の支払いに組み込むようにする。特約料の個別の支払いが不要となる。保障制度を改正するもので、適用は10月1日申し込み分か...続きを読む
ZEH補助対象経費に上限設定、17年度は補助額も引き下げ普及促進、BELS取得は必須要件に
2017年04月13日05面_住宅産業
 経済産業省資源エネルギー庁は、2017年度からのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助事業において、蓄電システムを除く補助対象経費に上限額を設ける。設備や外皮の仕様が過剰に高くなるのを防ぐ。また、エネルギー消費性能計算プログラムでは対象となっていない技術(Webプログラ...続きを読む
住宅のIoT実現の課題解決へ、住宅事業者は住宅内IoTの調整図る役割
2017年04月13日01面_住宅産業
 夏の蒸し暑い夜、寝返りを数回打つと自然に扇風機が動きやさしい風を送る。しかし、体が冷えすぎたりしないように数分で止まる。寝心地の良さを生み出すのは住宅に組み込まれたIoT技術(モノのインターネット接続)によるものだ。想定される住宅のIoT技術はほかにもある。使用している電化製品...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

フラット35金利0・25%引き下げ、居住誘導区域への住み替えで独自策
2017年04月06日05面_住宅産業
 住宅金融支援機構は、地域において居住誘導区域外に住む人が居住誘導区域へ住み替える際に、フラット35の金利を当初5年間0・25%引き下げる。また、地域外から移住してくる人も「UIJターン」として同様の利率を引き下げる。住み替えおよび移住を対象にした金利引き下げは「フラット35地域...続きを読む
農地付き空き家流通を議論、小規模農地の流通を認め需要に対応、自民党小委員会で
2017年04月06日05面_住宅産業
 自由民主党の住宅土地・都市政策調査会の中古住宅市場活性化小委員会(委員長=井上信治衆議院議員)は3月28日、農地付き空き家の活用について議論した。農地付き空き家に対しては、「週末は農作業を楽しみたい」「退職後に畑を所有したい」という需要がある。ただ、耕作を目的に農地を購入または...続きを読む
18年度からZEHビルダー評価制度を導入、16年度実績報告ないと17年度の補助対象外に
2017年03月30日05面_住宅産業
 経済産業省資源エネルギー庁は、2018年度からZEHビルダー評価制度を導入する。ZEHの取り組み状況を評価して星の付与などの表示を行えるようにする。評価は、17年度にZEHの建築実績があることや17年度分のビルダー実績報告を行うこと、また、目標に対しての達成度などにより行われる...続きを読む
17年度のZEH補助でBELS取得が必須に、4月からZEHマーク表示制度
2017年03月30日01面_住宅産業
 2017年度からのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助事業において、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の取得が要件化される。16年度受付までは、BELSは加点要素に過ぎなかったが、17年度からは補助を受けるためBELSの取得を必須とする。4月1日からはBELS...続きを読む

 関連するキーワードはありません。

空き家の所有者情報を外部提供、国交省がガイドラインを策定
2017年03月30日05面_住宅産業
 国土交通省は、空き家の所有者情報を宅地建物取引士ら民間事業者に提供するためのガイドラインを策定した。国は、全国におよそ320万戸あるともいわれる空き家の増加を抑制したい考え。2014年に「空家等対策の推進に関する特別措置法(空き家特措法)」が制定され、課税情報に基づいた所有者情...続きを読む
東京都、賃貸運営特養に補助金、17年度の予算拡充、受け入れ拡大へ
2017年03月16日05面_住宅産業
 東京都は7日、特別養護老人ホームなどの高齢者のすまい施設整備費の補助制度説明会を土地所有者向けに開催し、2017年度の支援の方針を示した。比較的低い利用料金で入居が可能な特別養護老人ホームについて、予算を拡充し、現在およそ4万5千人分を整備しているところをを6万人分まで増やして...続きを読む

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)