パラマウント硝子工業、断熱体感施設オープン=HEAT20が体感可能 | 住宅産業新聞

パラマウント硝子工業、断熱体感施設オープン=HEAT20が体感可能

パラマン館の1階パラマン館の1階

パラマウント硝子工業(福島県須賀川市、松永隆延社長)は業界紙を対象に16日、本社工場敷地内で15日に開設した「断熱体感棟『パラマン館』」の内覧会を行った。

パラマン館の断熱水準は同社のグラスウール断熱材製品などの施工によりUA値0・30を達成しており、寒冷地におけるHEAT20G2相当の室内環境を体感できることが特徴。同社は今後、新築戸建住宅事業者を対象にパラマン館を活用した体感企画を行って事業者の高断熱化への意識を高め、グラスウールの高性能製品の採用につなげたい考え。

また、取引先などに同社製品の特徴とHEAT20G2レベルの断熱性を説明する際、それらに説得力を持たせることなどを目的に社員研修の一環としてもパラマン館を使用していく意向だ。

2019年10月31日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)