人に優しい良質な住まいを提供=三井ホームのセレクトオーダー200 | 住宅産業新聞

人に優しい良質な住まいを提供=三井ホームのセレクトオーダー200

三井ホームが提案する自由設計(フリープラン)の戸建住宅の新しい形となるのが『セレクトオーダー200』。

最初に敷地形状に合わせて、全200通りの建物形状パターン(東西反転を含めると400通り)から選定。それをベースに、施主のライフスタイルなどに合わせて間仕切り壁などを、専任の設計士とともにオーダーメードでプランニングできる。

セレクトオーダー200では、狭小敷地対応の間口3・64メートルで延床面積22坪台のパターンから、比較的大型の49坪パターンまで、全200種類のベースパターンを用意した。

それぞれのベースパターンには、家づくりのガイドラインともなる、同社が推進する〝オーダーメイドの家づくり〟のノウハウを結集。専任の設計士とともに、間取り例を参考にしつつ間仕切り壁や窓の大きさ、位置、外観などを自由に変更して好みのデザインに仕上げられる。

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)