三菱電機、世界最高変換効率の記録を更新 | 住宅産業新聞

三菱電機、世界最高変換効率の記録を更新

三菱電機は、実用的な15センチ角の多結晶シリコン太陽電池セル(厚さ200マイクロメートル)で、光電気変換効率19・3%を達成した。同社が昨年達成した19・1%を0・2ポイント上回り、3年連続で世界最高効率を更新している。また、同技術を厚さ100マイクロメートル、15センチ角の超薄型多結晶シリコン太陽電池セルに適用して18・1%の変換効率を達成した。

さらに、省資源で低コスト化が可能な薄膜シリコン太陽電池で、変換効率14・8%を実現した。太陽光の可視光から赤外線までの広い波長の光を3つの発電層でバランス良く吸収する「3層セル構造」を開発。透明電極の表面に凹凸をつけて光閉じ込め効果を高めるテクスチャー形成技術などを採用している。

現在、同社が製造・販売する製品の変換効率は約16%。同社は、今回開発した高効率化技術を量産技術に応用し、太陽電池モジュールのセル量産に順次導入する計画だ。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)