硝子繊維協会、GWS工法普及を強化=筋かい部の〝切り欠き〟不要に

GWS工法の外壁と天井の取り合い部GWS工法の外壁と天井の取り合い部

硝子繊維協会(東京都新宿区、フランシス・ショレー会長)は4月からの2019年度、昨秋に新たに開発・実用化したグラスウール充填断熱工法「GWS工法」の普及活動を進める。

GWS工法は、木造軸組戸建住宅の耐力要素に構造用合板および室内壁に石こうボードを使用することが特徴で、(1)筋かい部へグラスウールを切り欠き施工する必要が無い(2)一般的な木軸住宅と比べた際の耐火性・気密性・壁耐力の向上――といった長所がある。

今年の夏以降、名古屋や大阪などの大都市部で地域の木軸住宅業者を対象に普及講習会を行う。

また、硝子繊維協会として、グラスウール断熱材と同様に充填断熱工法に用いられているロックウール断熱材を扱う事業者団体のロックウール工業会(東京都台東区、武井俊之会長)とも共同して普及講習会を実施し、普及を図っていく方向だ。

2019年03月07日付4面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)