プレ協エコアクション2020、新築順調にCO2削減

一般社団法人プレハブ建築協会の住宅部会・環境分科会は、環境行動計画『エコアクション2020』の2013年度実績をまとめた。

それによると、環境配慮提案を積極的に行った結果、新築住宅の居住段階では戸建て・低層集合ともに、目標値へ向けて順調にCO2削減が進んでいることがわかった。反面、既存住宅のCO2削減は各社の省エネリフォームへの取り組みにも関わらず、伸び悩んでいることも明らかとなっている。

エコアクション2020は、10年度を基準年として11年度から20年度までの10年間で、新築戸建住宅の居住段階でのCO2排出量を、基準年から半減させることなどを目標に盛り込んだ。

2014年11月13日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)