旭化成ホームズ、通期業績予想を上方修正、上期最高業績更新で | 住宅産業新聞

旭化成ホームズ、通期業績予想を上方修正、上期最高業績更新で

旭化成ホームズの2015年3月期第2四半期累計の連結業績が、売上高2560億円(前年同期比7・4%増)で営業利益270億円(同1・6%増)となり、2期連続で過去最高業績(連結決算開示後)を更新した。

〝3本柱〟と位置づける建築請負・不動産・リフォームの3部門のいずれもが増収。建築請負部門は、得意分野の中層戸建てとともに集合住宅が大幅アップとなった。同部門の上期受注額2176億円も前年同期比ではマイナスだが、過去最高だった前期に次ぐ2番目の高水準となっている。

池田英輔社長は、「消費増税後の厳しい受注環境下で、営業現場の健闘による」とした上で、建築請負部門については通期売上高を15億円、営業利益も19億円、期初より上方修正した。

建築請負部門は、昨年10月からの消費増税反動減による厳しい受注環境下でも、〝都市住宅ナンバーワン〟を目指した施策を積極的に展開した。商品面では重量鉄骨システムラーメン構造の3階建て『ヘーベルハウスフレックス』に、オイルダンパー制震装置「サイレス」を標準搭載。従来の2階建てに加え、3階建てを含めて「制震ヘーベルハウス化」を実現している。

2014年11月13日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)