2×4協会、3月15日に耐火構造技術講習会を開催 | 住宅産業新聞

2×4協会、3月15日に耐火構造技術講習会を開催

日本ツーバイフォー建築協会(2×4協会、小川修武会長)はカナダ林産業審議会と共催で、3月15日、東京・浜離宮建設プラザにおいて、「枠組壁工法による木造耐火構造技術基準講習会」を行う。

2×4協会は平成16年4月以降、一定仕様の枠組壁工法について耐火構造として国土交通大臣の認定を受け、防火地域における建設や4階建てなどの建設が可能となっている。

同講習会の定員は150人で、受講料は一般2万円、会員1万円(テキスト代含む)。申し込みなどの問い合わせは協会事務局、電話03―5157―0834

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)