キーワード: パナソニックエコソリューションズ社
米国発のスマートホーム開発・HOMMA、サニーサイドアップがPR支援
キャプチャ
 PR会社のサニーサイドアップ(東京都渋谷区、次原悦子社長)は10月17日、アメリカのスマートホーム開発・販売会社のHOMMA(本間毅代表)の新株予約権を9月末に取得し、同社の戦略的パートナーとしてPRサービスの提供を開始したと発表した。スタートアップ企業に投資し、PRの支援を通...続きを読む
パナソニックホームズ=定借付き分譲地、敷地の一体利用で付加価値高める
18071732
 パナソニックホームズ(大阪府豊中市、松下龍二社長)は17日、埼玉県さいたま市郊外で開発中の分譲地「パークナードテラス桜区大久保」を報道陣に公開した。  同社が成長領域と位置づける2千万~2500万円台の木造分譲住宅事業の試験販売の位置づけ。パナソニックエコソリューションズ...続きを読む
パナソニック、木造住宅で普及価格帯に新規参入
 パナソニックエコソリューションズ社(大阪府門真市、北野亮社長)は5月30日、投資家向けの事業説明会を開いた。パナソニックホームズを中心とする住宅事業は、これまでの低層・戸建ての中高級住宅事業から、普及価格帯住宅や非住宅・まちづくり事業へシフトするとした。2025年度までに投入す...続きを読む
パナソニック、100億円投資し太陽電池増産へ
 パナソニックエコソリューションズ社は18日、総額100億円を投資し太陽電池モジュール「HIT」の生産体制を強化すると発表した。投資するのは、セルの生産拠点である島根工場(島根三洋電機、島根県雲南市)とモジュールの拠点の滋賀工場(滋賀県大津市)で、2016年3月の本格稼働を目指す...続きを読む
パナソニック、普及価格タイプのタンクレストイレを発売
0325arau2
 パナソニックエコソリューションズ社は、普及価格のタンクレストイレ「アラウーノSII」を6月1日に発売する。「全自動おそうじ機能」や「トリプル汚れガード」などの機能はそのままで、20万円以下を実現した。  新型アラウーノで開発した「トリプル汚れガード」を搭載、便器外の汚れの...続きを読む
パナソニック、住宅用LED照明器具「美ルック」の品番を拡充
l-jn150303-7-6
 パナソニックエコソリューションズ社は、住宅用LED照明器具「美ルック」の性能を強化して、品揃えを充実させる。自然光に近い演色性を実現。ダウンライトやペンダント、建築化照明など12種類合計444品番を揃えた。  平均演色評価数Ra95を実現し、自然光のもとで見える色に近いレ...続きを読む
パナソニック、住まいの「ちょっと困った」を解消する新会社を設立
proie
 パナソニックエコソリューションズ社は、「水道の蛇口から水がもれる」、「排水管の臭いが気になる」、「コンセントが足りない」など、住まいのちょっとした悩みを解決したり、ユーザーの小さな夢をかなえる新業態のサービス提供会社「パナソニックプロイエサービス」を設立した。水道・電気まわり、...続きを読む
パナソニックの創蓄連携システム、蓄電容量が2割アップ
pana
 パナソニックエコソリューションズ社は、太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電システムを連携させる新製品「住宅用・創蓄連携システム」を3月25日から受注する。蓄電容量は5.6kWhと11.2kWhの2種類を用意。蓄電池ユニットは10年保証を付けた。新築だけでなく、リフォームにも提...続きを読む
経産省、先進的なリフォーム事業者21者を選出
 経済産業省は、「平成26年度先進的なリフォーム事業者表彰」として21者を選出した。選出された事業者は、消費者の住まいに関する多様なニーズに対応し、独自のビジネスモデルで他の事業と差別化された強みを持つと評価された。  同省は住宅リフォーム市場全体の発展につなげることを目的...続きを読む
パナES社、非住宅事業の成長戦略披露
 パナソニックエコソリューションズ社(以下、ES社)の吉岡民夫社長は、ビルや店舗・公共施設などの非住宅市場での成長戦略を披露した。  創業100周年となる2018年にパナソニックグループは売上高10兆円を目標に掲げており、ES社は売上高2兆8千億円(住宅2兆円、非住宅8千億円)...続きを読む
123...

最近の記事一覧

最近の連載

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)