千葉県、湾岸と柏周辺で持家着工の約7割

 首都圏最大の可住地面積を誇る千葉県は、東京のベッドタウンとしての「都会」の顔と、農業産出額が北海道を仰ぐ全国第3位という「地方」の顔を併せ持つ。

 このため都市部と農村で地域差があり、持家着工の約7割が東京のベッドタウンとなる湾岸と柏市周辺に集中する。

 両エリアは戸建て・マンションの事業者が大小入り乱れる激戦区で、低層住宅事業では戸建分譲比率が高いため、用地と顧客の争奪戦が日々繰り広げられている。

関連するキーワード

SNSで住まいのニュースを配信中

ツイッター フェイスブック 住宅産業新聞社のGoogle+ページ

最近の記事一覧

見本紙をダウンロード

 ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。新聞の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

 見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10メガバイト)