三重県、北勢・中勢の市場展開がカギ

南北に長い三重のメーン市場は、愛知と接する北勢エリア。

名古屋商圏とほぼ一体化しており、人口・持家着工・県内総生産の5割超が集中している。桑名から四日市、鈴鹿にかけて上場企業の製造工場が集積していることもあり、県内外から労働人口が集まる。

北勢の南に位置する中勢は、津・松坂・伊勢といった北勢に引けを取らない規模の都市がある。両エリアの幅広い客層にストライクゾーンを広げる住宅会社が強い。

2014年08月07日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

最近の連載

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)