スマートシティ | 住宅産業新聞 | Page 4

キーワード: スマートシティ

パナホーム、スマートシティ堺・初芝、全体でCO2±ゼロとネットゼロエネ実現

パナホームの大型分譲地『パナホーム・スマートシティ堺・初芝』の第1期分(15戸=全58戸中)が完成した。全戸でのCO2±ゼロと、分譲地全体でのネットゼロエネルギー(エネルギーを相殺しゼロ以下にする)を可能とする。パナソニックグループによる「街まるごと事業」の一環で、同社が展開す...続きを読む

JX日鉱日石、創エネリノベーションで6月に実証実験

JX日鉱日石エネルギーは、既設の集合住宅に自立・分散型エネルギーを導入する『ENEOS創エネリノベーション』の実証実験を、6月から横浜市で開始する。リノベーションとともに3電池(SOFC型エネファーム、太陽電池、蓄電池)を導入。エネルギーの地産地消を最大限に行い、電力自給率80...続きを読む

パナホーム藤井社長、戸建てなど3事業で「エコ&スマート」軸に

パナホームの藤井康照社長は、2012年度の事業方針として、『エコ&スマート』を軸に戸建住宅・資産活用・リフォームの3つの事業に取り組む姿勢を示した。 スマートハウス仕様『スマートパナホーム』を普及から中高級、都市型まで拡大し商品力を強める。分譲でも「スマートシティ」の展開に...続きを読む

三井ホーム、今秋にも柏の葉で次世代スマート2×4の実証実験

三井ホームは、最新の環境技術を結集した『次世代スマート2×4実証実験』を、今秋スタートさせる。三井不動産グループが推進する柏の葉スマートシティプロジェクトの一環で、このほど実証棟(千葉県柏市若柴)の建設に着手した。今後4年をかけて、現在開発を進めている各種パッシブ環境技術を複合...続きを読む

スウェーデンハウス、将来的に自動制御のHEMS=太陽光搭載率は50%に

スウェーデンハウス(本社=東京都世田谷区、近藤征夫社長)はHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の採用として、「モニターによる使用エネルギーの見える化」に留まっている現段階を、中長期的に自動制御による家庭内消費エネルギーの最適化の領域まで高める。 前期実績10%の太陽光発...続きを読む

パナソニック、住宅用の創蓄連携システムを開発

パナソニックエコソリューションズ社(長榮周作社長)は、太陽電池と蓄電池を連携させた「住宅用創蓄連携システム」を開発し、21日から受注を開始する。 停電などの非常時に約2日分の電源を確保するほか、平常時は電力使用のピークカットに利用し省CO2に貢献する。将来的には創蓄連携シス...続きを読む

藤井パナホーム社長、戸建て分譲強化へ、15年度売上高1千億円規模に

パナホームの藤井康照社長は記者会見を行い、戸建分譲事業『街まるごと事業』に本格的に取り組む方針を明らかにした。 50戸~100戸規模の戸建分譲団地を開発し「パナホーム スマートシティ」の名称で全国展開する。第1弾で、大阪府堺市と兵庫県芦屋市に相次ぎオープンさせる。その上で、...続きを読む

スマートシティプロジェクトに積水ハウスなど6社参加

日本発のスマートシティ(次世代環境都市)実現へ向けた『スマートシティプロジェクト』に、積水ハウスや東京ガスなど6社が新たに参画した。これで参加数は全23社・団体となり、トータルソリューションの強化へ向けて提案活動を加速させるとした。 同プロジェクトのコンセプトは(1)再生可...続きを読む

「スマートハウス」横浜で実証モデル

横浜市の「みなとみらい地区」で、スマート(賢い)な住まいの実証モデルハウス建設が相次いでいる。NTTドコモなど12社と共同でスタートさせた『スマート・ネットワークプロジェクト』の一環で、積水ハウスが戸建住宅を提供。住友林業は、横浜市の「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)