住友林業「住まい博2012」、安全・安心に高い関心、スマートハウス提案も

大阪・名古屋に続き、東京エリアでの住友林業の『住まい博2012』が、18日~19日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された。東日本大震災からまもなく1年ということもあり、会場では独自の「BF(ビッグフレーム)構法」の実物構造躯体や耐震性に優れた「GSパネル」振動実験には人だかりがみられた。

同社のスマートハウス提案『スマートソラボ』を中心とした「エコエネルギー」コーナーも人気。早野均住宅事業本部長(代表取締役専務執行役員)は「安全・安心やエネルギー、人の絆への関心が高まっている」との認識を示した。

今回の住まい博は、4日~5日の京セラドーム(大阪会場)、11日~12日のポートメッセなごや(名古屋会場)に続く、三大都市圏住まい博の締めを飾るイベント。『まるごと体感!人と地球に優しい家づくり』がテーマとなっている。

2012年2月23日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)