パナホーム、住まいづくりSCM構築へ、全体最適へ3つのプロジェクト始動 | 住宅産業新聞

パナホーム、住まいづくりSCM構築へ、全体最適へ3つのプロジェクト始動

パナホームは、住まいづくりのSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)構築に乗り出した。既存の調達・生産・物流に至るコストダウン活動に加え、顧客接点となる前段階の「営業設計」や「実施設計」、引き渡しに至る後段階の「施工」を含めたプロセス全体を見直すもの。

個別最適から全体最適への転換で、最終的に1棟あたりの総コストで300万円減、リードタイム30日の短縮につなげる。効率化やコストダウンのための3つのプロジェクトをスタートさせ、9月をメドに検討結果をまとめる。その後、来年3月まで半年をかけて具現化へ向けて取り組みを図っていく。

2011年7月14日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)