大建工業 | 住宅産業新聞 | Page 5

キーワード: 大建工業

大建工業がマンションリノベ専用商品ブランド化へ、17年度中に第1弾商品

大建工業(大阪市北区、億田正則社長)が既存マンションのリノベーション向け内装建材商品の新ブランド確立に向けて動き出す。今秋にもトライアル商品を実用化してグループ会社で使用、その結果を開発にフィードバックさせた外販商品の第1弾を2017年度中に発売する。当該商品が想定する需要家は...続きを読む

大手住設メーカーの経営人事・組織変更相次ぐ、TOTOは森村専務が副社長に昇格

4月、大手住設メーカー各社が経営陣の刷新と組織改編を行う。TOTOが森村望・取締役専務執行役員を代表取締役副社長執行役員に昇格させるほか、不二サッシがトップ人事として、新社長に吉田勉・取締役常務執行役員を迎える。大建工業は中期経営計画の目標達成を確実なものとする目的で、社長直轄...続きを読む

YKKAP「MADOショップ SUCCESS 2017」、販売トップのビジネスモデル紹介=TOTO・大建工業のトップも参加

YKKAP(堀秀充社長)および同社とパートナーシップを結ぶ建材流通店ネットワーク「MADOショップ」は2日、千葉県舞浜市で加盟店の成功事例を発表する全国大会「MADOショップ SUCCESS 2017」を開催し、南但馬朝来店(兵庫県朝来市、運営母体=日林マテリアル)の事例『スト...続きを読む

大手住設トップ、2017年暦年着工を92万~93万戸と予測=ナイス新春経済講演会「住宅業界の市況予測と各社の戦略」でディスカッション

ナイス(平田恒一郎社長)が1月27日に東京で行った平成29年新春経済講演会の特別パネルディスカッション「住宅業界の市況予測と各社の戦略」に出席した大手住設トップの2017年の新設住宅着工数の予想は92万戸から93万戸が中心を占めた。株価予想は新大統領トランプ氏がもたらす米国の変...続きを読む

大建工業、「木材カスケード利用」で日南町などと事業化検討

大建工業は11月21日、鳥取県日野郡日南町・日南町森林組合・オロチ(日南町、森英樹社長)と共同で、日南町における「木材総合カスケード利用」に関して、具体的な事業化に向けた検討を進める基本合意に達したと発表した。今回の基本合意を受け、大建工業を含む4者は「日南町『木材総合カスケー...続きを読む

大建工業エコ事業部部長の伊勢田正児氏、完成畳『ZIPANGここち和座』拡販に注力

大建工業は今年、畳表事業開始20周年を迎えた。同社の畳表は、機械すき和紙を原料にデザインと高い耐久性・防汚性を両立させた点が特徴。2014年には完成畳『ZIPANGここち和座(わざ)』を発売し、フローリング張りと同じ床下地高さで「和の空間」を実現できるメリットを訴求している。非...続きを読む

大建工業、省施工・デザイン性も完成畳『ZIPANG ここち和座』を訴求

大建工業が畳事業を強化中だ。住宅向けでは完成畳の扱い強化として紙製畳おもて『ZIPANG』を表面に使ったインテリア畳『ZIPANGここち和座』のアピールを強め、非住宅は専従部門を設置し需要開拓を積極化している。『ZIPANGここち和座』はフローリングに直接置き簡単に和の空間を作...続きを読む

大建工業、インドネシアで内装ドアの新生産拠点を稼働

大建工業は11日、インドネシアにおける内装ドアの新生産拠点PT.Daiken Dharma Indonesia(ダイケン・ダルマ・インドネシア、DDI)の開業式典を現地で行い、工場を本格稼働させた。 同社は2015年の70周年を機に、80周年となる10年後の25年までの長期...続きを読む

「TDY金沢コラボレーションショールーム」4月23日オープン、エリア特性反映した展示で需要キャッチ

TOTO・大建工業・YKKAPは23日、「TDY金沢コラボレーションショールーム」(石川県金沢市鞍月東2―11、展示面積約344坪)を開設した。開設に先立つ21日には各社の社長が現地で会見し、3社そろってでは北陸初の同SRへ期待を示した。他のコラボSR同様、エリア特性を反映した...続きを読む

TDY、7月に高松で四国初の3社コラボショールーム

TOTO・大建工業・YKKAP(以下、TDY)は7月、香川県高松市林町で3社のコラボレーションショールームの新店舗「TDY高松コラボレーションショールーム」を開設する。TOTO・大建工業が2005年4月に高松市内でオープンさせた「TD高松コラボレーションショールーム」の移転に伴...続きを読む

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)