大建工業、陸前高田の「奇跡の一本松」復興大臣公印化PJにWPC加工技術

大建工業は、「奇跡の一本松」を復興大臣の公印として寄贈するプロジェクト(印章業協会青年部連絡協議会)に、同社独自技術のWPC加工技術を提供した。同技術を利用することで、奇跡の一本松から取られた角印材に、必要な硬度を持たせることに成功した。

同社のWPC加工技術は、木材組織にプラスチックを注入・充填し、硬化させることで、強度などを高めることができる。同社の高機能性フロアーに採用されている技術だ。2013年には、同技術で陸前高田市長の公印化にも協力している。

角材印には「復興大臣之印」の文字が刻まれている。角材印は3月14日~18日の期間、仙台で開催される「国連防災世界会議」の会場で展示(展示期間は14、15日のみ)される予定。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)