積水ハウスの15年度受注計画、連結で1兆9470億円

積水ハウスの2015年度(16年1月期)受注計画は、連結ベースで前期比2・9%増の1兆9470億円となった。請負型ビジネスでは、前期に消費税増税の影響で二ケタ減の戸建住宅事業だが、ゼロエネルギー住宅をはじめ高付加価値化商品の販売増で回復基調を見込む。

また、賃貸住宅も3・4階建て商品が堅調に推移するとの見通しだ。ストック型では組織強化や人員増を進めるリフォーム事業で二ケタ増見込みとした。円安・株高・企業業績の改善、及び個人所得の増加をベースに戸建ての回復基調、贈与税の非課税枠拡大やフラット35Sの金利優遇幅拡大への期待感も盛り込んだ。

2015年03月12日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)