WPC工法の百年住宅、津波シェルターペントハウスを普及=静岡中心に65件の契約

ウォールプレキャスト(WPC)工法住宅を供給する百年住宅(本社=静岡県静岡市、中嶋雄社長)は、同社が販売する住宅の屋上に設置できる「津波シェルターペントハウス」の扱いを強める。

東日本大震災の津波被害の深刻さを受け開発したもので、11月中旬には茨城県つくば市の防災科学技術研究所で商品の振動・潜水実験を報道機関に公開した。

津波シェルターペントハウスの成約実績は現在65件で、そのほとんどが東海地震および南海トラフ地震で津波被害が想定されている、静岡県内のエンドユーザーからの注文。同社では自宅に居ながらすぐ利用できる津波避難用のシェルターとして、津波被害が想定されるエリアの居住者に役立ててもらいたい意向だ。

2013年12月5日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧